R-zone

札幌でピラティスのマンツーマンレッスンならR-zone

お問い合わせはこちら 公式LINEはこちら

札幌でピラティスのマンツーマンレッスンならR-zone

札幌でピラティスのマンツーマンレッスンならR-zone

2023/09/06

体験レッスンで

坐骨神経痛持ちとお聞きし、

 

ある動きに特化して痺れが強くなるとの言葉に、最初の受講時に整形外科受診をお勧めし、

ヘルニア診断を受けたMさん。

 

一年ほど、痛みや痺れに悩まされて、

鎮痛剤を手離せなかったそうです。

 

受傷部分を確認し、すぐに

プライベートレッスンをスタート。

 

スタート時に、毎日おうちでやったらよい簡単なベーシックエクササイズをお伝えいたしました。

 

真面目な方で、ホームエクササイズを続行しながら週1回通ってくださいました。

 

7回目で痛みと痺れが消えたそうで、

そして10回で一旦卒業となりました!

 

もう痺れはなく、鎮痛剤も全く飲んでいないとのこと。

 

レッスンラストには

美しい背骨のエロンゲーション&安定を見せてくださいました。

 

夢に向かって大きな一歩が踏み出せそうです❣️良かったです!

 

 

痛みや不安、心配なく生活ができるように、できる限りサポートしています。(レッスンは医療行為ではなく、効果には個人差があります) 

 

ちなみに、

お伝えしたピラティスエクササイズは

3つありました。エクササイズの回数はあくまで、このケースの場合になります。

 

 

1、腹式呼吸とリブケージブリージング

まず丁寧にお腹の奥に向かって、ふっと息を吐き出します。

 

次に鼻から息をおへそのあたりにゆっくり吸っていきます。ゆったりと、おへそから胸へ向かって広がるイメージで。

 

次はゆっくり細く長く吐き出していきます。

 

*吐き出しは、細く長く、できれば口は緊張が入らないようハの字で吐き出します。

 

次に、息を吸いながら肋骨を左右に広げて、肋骨を寄せて引き下げるイメージで息を吐いていきます。

 

目標は痛みの軽減と

椎間板に柔軟性を出すこと。

 

10回繰り返し

 

 

2、Pelvic Articulation

腹式呼吸をしながら、骨盤後傾と戻すを交互に繰り返します。

 

目標は腰椎のスペースを広げた上で

安定させること。

10回 3セット繰り返し

 

 

3、Marching

腹式呼吸で吐き切ったあと、

肋骨を左右に開き吐いて閉じてから

 

片足ずつ持ち上げ、片足ずつ下ろします。

 

右上げ→左上げ

右下ろし→左下ろし

その逆も

 

骨盤安定、、股関節可動、腸腰筋の強化です。腰負担はできる限り少なく、が目標です。

 

10セット繰り返し。

 

 

以上です。痛みや痺れがない方も

腰は体(月)に要と書きます。大事な部分。一日の始まりや終わりに、無理をしない範囲で、取り入れてみてくださいね。

 

 

さらにレッスンでは、代償の出やすいPelvic Liftをしっかり見させていただきました❤️

 

 

体験レッスンに興味をお持ちの方は

ぜひ一度!

 

DMお待ちしていますね❣️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------
R-zone
北海道札幌市中央区南二条西5丁目31-1
RMビル401 PILATES STUDIO ME内
電話番号 : 090-9081-3613


----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。